顎関節症と悪い噛み合わせの関連は?

Pocket

顎関節症を発症している方の多くが、噛み合わせの悪さにも悩まされていると言われています。
つまり、顎関節症と噛み合わせには密接な関連があり、発症する原因とも言えるのです。
まず、噛み合わせが悪いと顎を動かすたびにダメージが蓄積してしまいます。
顎関節は食事だけではなく会話する時にも動きますから、負担が掛かりやすい部分です。
そのため、噛み合わせが悪いままダメージを与え続けると、顎関節症の原因になってしまうのです。
特に噛み合わせの左右のバランスが悪く、片方の顎で噛む癖がある方だと顎関節への負担が大きくなると言われています。
したがって、もし噛み合わせに不安があるようなら、早めに治療しておくと良いでしょう。
放置したままだと顎関節症を引き起こしてしまいますので、噛み合わせを治すことが予防策にも繋がります。
少しでも噛み合わせの悪さに悩んでいるようなら、気軽に専門医で診断してもらって治療に取り組んでみましょう。

This entry was posted in 顎関節症とカウンセリング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります