顎関節症は噛み合わせの悪さが原因?

Pocket

顎関節症の原因は様々ですが、最も多くの人に見られる原因は噛み合わせの悪さです。
例えば、歯の高さが少しずれているだけでも顎に掛かる負担は大きく、これが蓄積することで顎関節症を引き起こしてしまうのです。
特に虫歯がある人は痛みをかばうために左右の噛み合わせが悪くなっていることが多く、無意識のうちに顎関節症の原因を抱えていると言えるでしょう。
そのため、少しでも噛み合わせに不安があるようなら、専門クリニックで診察してもらってみてください。
専門クリニックでは噛み合わせの状態を診断したうえで、顎関節症のリスクを改善するための治療を施してくれます。
正しい噛み合わせに治すことによって、歯の摩耗を防げるのも治療のメリットと言えるでしょう。
このように専門クリニックでは顎関節症の治療や予防を受けることができます。
顎周りの不安を解消することにも繋がるので、気になる人は噛み合わせの治療や歯並びの診断を受けておきましょう。

This entry was posted in 顎関節症とカウンセリング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります