顎関節症の原因は噛み合わせの悪さだけ?

Pocket

顎関節症は噛み合わせの悪さによって、顎に負担が掛かったり顎に伝わる力のバランスが崩れることで発症します。
長年のダメージが蓄積して顎関節症になる場合も見られます。
そのため、顎周りに不安を感じるようなら、専門医に相談してみるべきです。
例えば、虫歯の痛みで片方の顎をかばうように噛む癖がついていると、顎を使うバランスも崩れてしまうので顎関節症になりやすいと言われています。
したがって、虫歯を早めに治療したうえで、噛み合わせのバランスを整えるようにしましょう。
また、夜寝ている時の歯ぎしりなど、無意識のうちに顎にダメージが生じているケースも少なくありません。
もし、歯並びなどに異常が無く、それでも顎関節症に悩まされているなら、歯ぎしりなどの症状が原因になっているため専門医の治療を受けた方が良いでしょう。
顎関節症は完治まで症状が長引きやすい傾向にありますから、悪化してしまう前に治療に臨むようにしてください。

This entry was posted in 顎関節症とカウンセリング. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります