顎関節症は悪い噛み合わせの影響が大きい?

Pocket

顎関節症に悩んでいる人の多くは、悪い噛み合わせが原因と言われています。
その理由として挙げられるのは、噛み合わせが悪いと顎周りの関節に負担が蓄積してしまうからです。
噛み合わせが悪い状態でも、毎日の生活で支障を感じる人はほんのわずかです。
ほとんどの人が噛み合わせが悪かったとしても、それほど不便なく毎日の生活を送っています。

そのため、無意識のうちに顎周りの関節に負担が蓄積してしまい、やがて顎関節症を引き起こしてしまうのです。
必ずしも顎周りの関節に負担が溜まることだけが原因ではありませんが、悪い噛み合わせを放置しておくことは得策ではありません。
そこで、噛み合わせの悪さを自覚しているようなら、早いうちに専門医の診断を受けておきましょう。
噛み合わせの矯正治療を取り入れられるので、顎関節症の原因を払拭することに繋がります。

専門医では患者ごとに適切な治療法を提案してくれるため、悩みがあれば相談してみましょう。

This entry was posted in 顎関節症の判断基準. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります