顎関節症と悪い噛み合わせの関係は?

Pocket

一般的に噛み合わせが悪いと顎関節症になると考えられています。
しかし、顎関節症から噛み合わせを崩してしまう逆の症例も少なくありません。
つまり、噛み合わせと顎関節症は密接に関係していますから、どちらかに不安を抱えているようなら一刻も早く治療に臨むべきです。
例えば、顎周りに痛みを感じる場合は顎関節症のおそれがあります。
しかし、このような症状があっても自分では噛み合わせの悪さを自覚していない方も多いでしょう。
こうしたケースでは顎関節症の痛みをかばおうとして、噛み合わせが悪くなってしまう危険性があります。
ほんのちょっとした噛み合わせのずれでも、後々に与える悪影響を考えると放置するのは得策ではありません。
なるべく早めに顎関節症を治すようにして、噛み合わせが悪くならないように心がけてください。
専門クリニックでは顎関節症の治療だけではなく、悪い噛み合わせの悩みにも対処してくれるので気軽に相談してみましょう。

This entry was posted in 顎関節症の判断基準. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります